/

この記事は会員限定です

マツダ、ドライバー重視の自動運転 IT巨人と一線画す

[有料会員限定]

マツダは、運転者に異常が生じたときに車両を安全な場所に自動で退避させる技術を2022年から発売する新型車に搭載する計画だ。「人間中心」の考えで自動運転技術に取り組み、ドライバーレス(運転者なし)をもくろむ米中IT(情報技術)の巨人と一線を画す。小規模自動車メーカーのマツダとしては同じ土俵で勝負するのは避けて、自動運転時代にも一定数は残ると見込む「車好き」の事故削減に力を注ぐ。

運転は人、事故削減目指す

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3053文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン