/

この記事は会員限定です

米イーライ・リリーCEO、認知症薬開発「なるべく早く」

[有料会員限定]

米製薬大手イーライ・リリーのデイビッド・リックス最高経営責任者(CEO)は9日、日本経済新聞の取材に応じ、開発中のアルツハイマー型認知症の治療薬候補について「原因物質の除去効果を示しており、なるべく早く患者に届けたい」と述べた。また、米バイオジェンとエーザイの認知症薬が米食品医薬品局(FDA)から承認を取得したことは自社の開発にも追い風になるとの考えも示した。

イーライ・リリーは2021年3月から新薬候補...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り875文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン