/

この記事は会員限定です

安川電機、今期純利益67%増 半導体関連の活況続く

[有料会員限定]

工作機械の基幹部品などの世界大手、安川電機の業績が急回復する。新型コロナウイルスの影響で落ち込んでいた受注がほぼ3年ぶりにプラスに転じた。中国での好調に加え、国内や米州でも持ち直しており、2022年2月期の純利益(国際会計基準)は317億円と前期比67%増を見込む。主要国で製造業の投資意欲が戻りつつあることを示唆する。

安川電は工作機械や半導体製造装置に組み込むサーボモーターのほか、産業用ロボットの大手だ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1031文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン