/

この記事は会員限定です

楽天、「0円廃止」で契約23万件減 財務負担なお重く

(更新) [有料会員限定]

楽天グループは10日、携帯電話事業における自社回線サービスの契約数が6月時点で477万件となったと発表した。料金「0円プラン」廃止の発表前だった4月時点から約23万件減った。契約数の減少は2020年4月に本格参入してから初めて。同日発表した22年1~6月期の連結決算(国際会計基準)は最終損益が1766億円の赤字。4~6月期の携帯事業の赤字幅は1~3月期から改善したが、財務負担はなお重い。

「我々...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1827文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン