/

雪印メグミルク、チーズを最大1割値上げ 4年ぶり

雪印メグミルクは9日、家庭用のチーズなどを値上げすると発表した。対象はチーズのほか、ピザ生地やラードなど37品目で、4月1日出荷分から希望小売価格を3.4~20%引き上げる。チーズの値上げは2018年以来、約4年ぶり。中国で乳製品の消費が大幅に拡大し、輸入するチーズ原料の価格が上昇しているため。

チーズは希望小売価格を4.3~10%引き上げる。主力のプロセスチーズ「6Pチーズ」(108グラム)は税抜き365円から385円に上がる。ナチュラルチーズの「クリームチーズ」は同435円から455円に上げる。

成形したピザ生地の「ピザクラスト」は税抜き290円から300円に引き上げるほか、「純製ラード」は同250円から300円に上げる。輸入小麦や食用豚脂の高騰が響く。

同社のチーズの値上げは18年以来だが、19年4月にはチーズの一部商品で価格を据え置いて容量を減らす「実質値上げ」も実施していた。

同様にチーズを手掛ける明治と森永乳業は、値上げについて「検討している」と回答した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン