/

この記事は会員限定です

22春季労使交渉、3つのポイント 賃金低迷脱却なるか

[有料会員限定]

電機や自動車などの主要労組が16日前後に、経営側に要求書を提出し2022年の春季労使交渉が本格化する。20年以上に及ぶ賃金の低迷に終止符を打ち、持続的な賃上げの流れをつくりだせるかが焦点だ。賃上げ原資を生み出すための生産性の改善や、働き手の貢献に応じた分配の仕組みづくりも課題となる。3つのポイントをまとめた。

賃上げ率は2%超に届くか

新年度を前に労組と使用者側が労働条件を交渉する「春闘」。最大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1800文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン