エーザイの認知症薬レカネマブ、どう使う 「軽度の人」発見が重要 - 日本経済新聞
/

この記事は会員限定です

認知症薬レカネマブ、どう使う 「軽度の人」発見が重要

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

エーザイと米バイオジェンが手掛ける認知症の新薬「レカネマブ」が条件付きの承認を意味する迅速承認を米国で取得した。日本でも、短い審査期間で新薬と認める優先審査品目の指定を受けており、年内の実用化を期待する声もある。進行を抑える薬は初めてとなる。どう使うのだろうか。

世界で認知症を患う5000万人以上の6〜7割がアルツハイマー病だ。新薬はその一部の人に向けた薬だ。

アルツハイマー病は「アミロイドベー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1873文字

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません