/

NTT、ワクチン予約で通信制限 東西で200自治体

(更新)

NTT東西は9日、新型コロナウイルスのワクチン接種予約を実施する各自治体の電話番号に通信制限をかけると発表した。ワクチン接種の予約で一時的に通信量が増え、警察や消防など緊急通報に影響が出るのを避けるためとしている。

NTT東西によると、10日には全国で約200自治体がワクチン接種の予約を固定電話で受け付けるという。各自治体の受け付けの電話回線には限りがあり、それ以上の問い合わせがあると、警察への通報など他の通信に影響が出てしまう可能性がある。これまでも通信量の急増が見込まれるイベントなどで同様の措置をとってきた。

NTTドコモやKDDI、ソフトバンク、楽天モバイルの携帯各社と協力し、発信側でも通信制限をかける。 

11日以降もワクチン予約を電話で受け付ける自治体の電話番号を通信各社で共有し、通信制限を実施する場合があるという。ある通信会社幹部は「自治体側が電話の回線数を増やしたり、ウェブ受け付けなど他の方法を増やす必要がある。そうしないと、予約受け付けで電話のつながりにくさの解決にはならない」と話す。

6日には東京都内の固定電話で電話が一時つながりにくい状況になった。通信量が一時的に増えため、NTT東が都内の固定電話への着信を一時制限した。同日に都内の各自治体でワクチン接種予約を固定電話で受け付けたことから通信量が増えたとみられる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン