/

格安航空のスプリング・ジャパン、1億円に減資へ

日本航空(JAL)傘下の格安航空会社(LCC)、スプリング・ジャパン(千葉県成田市、旧春秋航空日本)が資本金を従来の209億円から1億円に、資本準備金を149億円から1億円にそれぞれ減らすことが分かった。3月14日付の予定。累積損失を圧縮するとともに、税法上の中小企業となり税負担を軽減する狙いがあるとみられる。

同社のウェブサイトや官報で公表した。国内のLCCは新型コロナウイルスの影響で厳しい経営環境に直面している。同社の21年3月期(15カ月間)は75億円の最終赤字を計上。利益剰余金は同年3月末でマイナス348億円となっていた。国内の航空業界ではスカイマークもコロナ下で2度にわたり1億円への減資を行っている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン