/

この記事は会員限定です

レオパレス、施工不良問題で初の行政処分 愛知県で

(更新) [有料会員限定]

経営再建中のレオパレス21が愛知県から行政処分を受けたことが9日、わかった。一連のアパートの施工不備問題に伴う措置で、会社として行政処分を受けたのは今回が初めて。こうした動きは他の自治体に広がる可能性もあり、業績立て直しを進める中で新たな重荷となりそうだ。

レオパレスによると、名古屋市に持つ同社の建築士事務所が愛知県から3月29日付で行政処分を受けた。同事務所は7月から1年間、施工管理などの業務ができなくな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り460文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン