/

この記事は会員限定です

マック、利益成長に鈍化懸念 持ち帰り・宅配競争激化

[有料会員限定]

日本マクドナルドホールディングスの成長が減速している。9日、2022年12月期の連結営業利益が前期比1%増になると発表した。黒字転換した16年12月期以降で最低の成長率だ。宅配や持ち帰り需要をとらえ新型コロナウイルス下の勝ち組となったが、他の外食も同様の戦略をとり競争が激化。さらなる成長には自社宅配の拡充などに踏み込む必要がある。

22年12月期の連結業績見通しは、売上高が5%増の3330億円、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1429文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン