/

この記事は会員限定です

年代別の情報が行動を変える コロナ意識調査から 

同志社大学商学部准教授 瓜生原葉子

[有料会員限定]

日経・FT感染症会議は8月末に、20~60代の男女1000人を対象に新型コロナウイルス感染症に対する意識調査をインターネットを通じて実施した。分析した同志社大学の瓜生原葉子准教授に、見えてくる国民の考え方や今後の感染対策などについて聞いた。

感染対策については多くの人が協力的だ。ただ煩わしさや精神的な負担を感じる対策だと協力を得にくい。専門家が科学的な根拠に基づき、対策の意義を明らかにしていく必...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1289文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経・FT感染症会議

「日経・FT感染症会議」は、国内外の企業、行政機関・団体、アカデミアなどすべてのステークホルダーが一堂に集まる国際会議です。2014年に「日経アジア感染症会議」として始まり、具体的なアクションプランを日経グループのグローバルメディアを通じて国内外に提起してきました。本年は第8回アフリカ開発会議(TICAD8)と連携し、感染症有事に強いグローバルヘルスの在り方や日本の貢献を議論。G7サミットなどをふまえて薬剤耐性(AMR)対策についても発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン