/

この記事は会員限定です

古民家でテレワーク充実 都会を離れ、現役世代も

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大でリモートワークや仕事と休暇を組み合わせる「ワーケーション」が広がるなか、地方の古民家への関心が高まってきた。都会の騒がしさから距離を置いてじっくりと仕事に取り組み、自ら修復もする。働き方の多様化で、現役世代もライフスタイルの一つとして古民家暮らしを選べるようになった。

デザイナーの中市里美さん(38)の勤務先は、東京都渋谷区の内装デザイン会社。住まいは、そこから1時...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1542文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン