/

この記事は会員限定です

生鮮流通、崩れる垣根 卸売市場が百貨店に コメ卸が青果

改正卸売市場法 施行1年㊤

[有料会員限定]

取引ルールを緩和して市場の活性化と消費者ニーズへの対応を促すことを柱とした改正卸売市場法の施行から1年。魚介や青果などを取り扱う卸売市場で商流に変化が出始めた。卸業者による消費者への直接販売や、地方卸による東京での仲卸参入など業界の垣根が低くなりつつある。新型コロナウイルス禍で経済環境や生活様式が一変する中、市場もより早い変化が求められそうだ。

卸売市場、百貨店に「出店」

4月1日、北海道帯広市の百貨店、藤丸の地下鮮魚売り...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1459文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン