/

この記事は会員限定です

50年にCO2ゼロで自動車メーカー淘汰も 小松原正浩氏

マッキンゼー・アンド・カンパニー、シニアパートナー

[有料会員限定]

世界で脱炭素の流れが強まるなか、大きな変革を迫られるのが自動車業界だ。2050年の温暖化ガス排出実質ゼロに向け、英国は30年までにガソリン車の販売を禁止。日本政府も35年に新車販売を電動車に限る方針だ。自動車業界に詳しいマッキンゼー・アンド・カンパニーの小松原正浩シニアパートナーに影響を聞いた。

――自動車メーカーにとっての50年カーボンニュートラルの難易度をどうみますか。

「原理的には可能だが極...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1009文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン