/

この記事は会員限定です

国産丸太値上げの波、西から東へ 製材から合板へ

[有料会員限定]

国産丸太の値上げの波が西日本から東日本に移動している。今春、米国発の木材相場高「ウッドショック」で輸入材が減ると、国産丸太に代替需要が発生。まず製材工場が多い西日本で丸太価格が急騰した。各地のメーカーがさらに丸太を求めて北上した結果、東日本でも価格が上昇。東北には合板工場が多く、合板の値上がりにつながっている。

「競争相手が増え、高値を出さないと丸太が必要量確保できない」。東北に工場を持つ合板メ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り958文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン