/

この記事は会員限定です

ボックスジャパン「官公庁・銀行の顧客開拓」

世界デジタルサミット2021から

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

――クラウド上で文書などのファイルを保管し、社内外の関係者と共有できるサービスを手掛けています。新型コロナウイルスの感染拡大は事業にどう影響しましたか。

「コロナ前はクラウドに及び腰の企業が一部あった。ただコロナを機に一気に動き、当社のサービス利用が増えた。ボックスに資料を載せると、パソコンやスマートフォンなどで、いつでもどこからでも見られるようになる」

「またデジタル化やリモートワークではセキュ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1786文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

デジタルサミット

日本経済新聞社は2021年6月7、8日の両日、「世界デジタルサミット2021」を開催しました。「ポスト・ニューノーマル~レジリエントな社会を目指して」をテーマに、人工知能(AI)や高速通信規格「5G」が支えるデジタル変革はコロナ収束後の社会をどう変えるのかを議論しました。


関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン