/

この記事は会員限定です

エーザイ認知症薬の承認、米欧で相違 日本の可否焦点に

[有料会員限定]

エーザイと米バイオジェンが共同開発したアルツハイマー病新薬「アデュヘルム」の先行き懸念が強まっている。欧州連合(EU)の医薬品当局は17日、販売承認の見送りを勧告した。病気の進行を抑制すると期待される同薬だが、先行して承認された米国でも有効性への見方は割れる。薬が広く使われるまでには時間がかかりそうだ。

米国では投与実績少なく

欧州医薬品庁(EMA)の下部組織、欧州医薬品評価委員会(CHMP)に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1105文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン