/

この記事は会員限定です

発電燃料のパームヤシ殻、環境配慮の新認証

バイオマス発電の継続に寄与 取得期限も1年延長

[有料会員限定]

パームヤシ殻(PKS)を燃料に使う木質バイオマス発電で、人権や環境に配慮してつくられたPKSであることを証明する「第三者認証」に3つ目の認証が加わった。バイオマス発電は再生可能エネルギーのひとつとして国内の固定価格買い取り制度(FIT)の対象になっているものの、事業者のPKS認証の取得はゼロ。PKSの安定輸入に不安があった。

パーム油の搾りかすであるPKSは安価な燃料として輸入量が年々増えているが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り485文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン