/

カルビー、「ポテトチップス」値上げ 7~10%

カルビーは29日、主力の「ポテトチップス」などを値上げすると発表した。パーム油などの原材料価格や物流費などが上昇しているため。2022年1月下旬から順次改定し、店頭想定価格は7~10%の上昇を見込む。ポテトチップスの値上げは19年以来。天候不順で国産ジャガイモの収穫量が減る見込みであることから、一部商品は価格を据え置いて内容量を減らす「実質値上げ」に踏み切る。

値上げの対象は「ポテトチップス」(60グラム)や「じゃがいもチップス」など17品目。主力の「ポテトチップス うすしお味」(60グラム)は店頭想定価格が120円程度から130円前後に上がる見込み。

価格を据え置いて容量を減らすのは「じゃがりこ」など15品目。主力の「じゃがりこ サラダ」は60グラムから57グラムに、「ポテトチップス うすしお味」の85グラムは80グラムにそれぞれ減らす。

小容量の「ポテトチップス うすしお味」(28グラム)など18品目は終売する。商品数を絞って効率化し、ジャガイモの収量減に備える。

同社はこのほか、シリアル「フルグラ」やスナック菓子「Jagabee(じゃがビー)」の値上げや減量を9月から順次実施している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン