/

この記事は会員限定です

アルミ二次合金が最高値更新 車向け堅調、原料高を転嫁

[有料会員限定]

自動車のエンジンなどに使うアルミニウム二次合金の取引価格が前月比で1%上昇し、最高値を更新した。原料のアルミスクラップが値上がりし、合金メーカーが製品価格に転嫁した。部品メーカーは自動車生産の本格回復をにらみ、合金を積極的に調達している。中国産合金の輸入減少も重なり、品薄感が続いている。

アルミ二次合金は、ガソリン車やディーゼル車を中心にエンジンブロックなどの材料になる。指標品の「AD12.1」は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り905文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン