/

この記事は会員限定です

ランドセル、昭和20年代に花開く 富裕層が「ラン活」 

なるほど!ルーツ調査隊

[有料会員限定]

ゴールデンウイークが明けると、朝夕の通学路にまた子どもたちのランドセルが揺れる。最近はカラーもデザインもいろいろだ。一昔前まで女子は赤、男子は黒が定番だっただけに「ダイバーシティー(多様性)」という言葉が浮かぶ。調べてみると、戦後すぐにもランドセルが自由で華やかだった時代があった。

「途上必ス背囊ヲ負フヘシ」――。日本の上流階級の学校だった学習院で1885年(明治18年)、ランドセル通学がルール...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1620文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン