/

この記事は会員限定です

財務リスクを監査人が明示 新制度「KAM」3月期から

AOKI、減損リスク3段階 ソフトバンクG、アームのれん検証

[有料会員限定]

監査人が監査で注意した項目を示す新制度が2021年3月期決算から始まった。企業買収に伴うのれんや事業損失に備えた引当金など財務リスクの詳細が6月末にかけて約2400社で開示される。画一的だった監査報告書が企業ごとに多様になり、監査の信頼向上に向け一歩前進する。投資家の注目度は高く、企業との対話などで活用が広がる見込みだ。

エンターテイメント事業とファッション事業の減損発生可能性が「高」――。PwC...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1461文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン