/

三菱電機、電力の遮断器 シーメンス系と共同開発検討

真空遮断器は電流の遮断に使われる

三菱電機は8日、変電所で使う高圧対応の真空遮断器について、独シーメンス・エナジーと共同開発の検討を始めたと発表した。充填しているガスの温室効果が高いため、両社は酸素と窒素の混合ガスへの置き換えを目指す。連携で開発に弾みをつけて早期の製品投入を狙う。

検討の対象は真空バルブを使った245キロボルト対応のタンク型遮断器。異常時に高電圧の電流を遮断する。これまで使ってきた六フッ化硫黄(SF6ガス)は遮断性能が優れる半面、温室効果が二酸化炭素(CO2)の2万3500倍とされる。ガス漏れはほぼないが、気候変動の抑制に向けて各国で使用規制の検討が進んでいる。

両社はSF6ガス不使用でも同等の性能が出せるよう開発を進めているが、早期投入には共同開発も1つの選択肢とみて検討に合意した。今後メリットがあるかなどを見極めて判断する。共同開発する場合でも製造や販売、アフターサービスは各社でする。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン