/

この記事は会員限定です

すり身一段高、12年半ぶり高値 魚体小さく在庫少なく

[有料会員限定]

水産練り製品の原料となるスケソウダラすり身の取引価格が一段高となった。指標品の価格は2021年10月から6%ほど上昇し、2009年春季以来約12年半ぶりの高値水準となった。魚体が小さく生産効率が悪い半面、欧米では白身魚の需要が拡大している。国内在庫も減少が続き、需給が引き締まっている。新型コロナウイルス感染の影響で加工場で人手が足りず、人件費が上がっていることも一因だ。原料高を受け、製品値上げを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1054文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン