/

この記事は会員限定です

鉄鋼の代表品種、東アジアで急騰 ロシアの侵攻が波及

[有料会員限定]

製造業や建設業で幅広く使う鋼材「熱延コイル」が東アジアで急騰している。取引価格は前週から5%上昇し、およそ4カ月ぶりの高値をつけた。ロシアのウクライナ侵攻で欧州からアジア材を求める動きが増え、アジアの逼迫感が強まった。製品の高騰と原料高のスピードの見極めが難しく、受注を停止する鉄鋼メーカーも出るなど、市場で混乱が広がりつつある。

熱延コイルは板状の鋼材「熱延鋼板」をロール式に巻き取った鉄鋼製品。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1393文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン