日本郵船が無人運航、AIが5分で最適航路算出 - 日本経済新聞
/

この記事は会員限定です

日本郵船が無人運航、AIが5分で最適航路算出

[有料会員限定]

日本郵船が無人運航船の実用化に向けた準備を急いでいる。2022年2月に予定する実証実験に向け、このほど自動運航の技術を詰め込んだ陸上支援センターを開設した。人間が3時間かけて作ってきた最適航路を人工知能(AI)がおよそ5分で自動作成するなど、労働負荷の軽減にもつながる技術も多い。人手不足が深刻な国内の海上輸送の課題解決にもつながりそうだ。

日本郵船や傘下の日本海洋科学(川崎市)が日本財団など、約...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1933文字

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません