/

リソー教育、最終赤字縮小 3~5月

リソー教育が8日発表した2021年3~5月期の連結決算は、最終損益が1億6700万円の赤字(前年同期は10億円の赤字)と赤字幅が縮小した。新型コロナウイルス禍のなか、感染防止策を講じて営業活動を継続した効果が出た。

売上高は47%増の61億円だった。学校内で展開する個別指導塾「スクールTOMAS」なども伸びた。5月末時点の生徒数はグループ全体で前年に比べ22%増えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン