/

この記事は会員限定です

CO2排出、クラウドで可視化 ゼロボード渡慶次道隆社長

テクノロジストの時代

[有料会員限定]

ゼロボード(東京・港)は中小企業でも簡単に二酸化炭素(CO2)排出量を素早く算定できるクラウドサービスを開発した。渡慶次道隆社長は外資証券や三井物産、ドローン(小型無人機)メーカーなど複数の企業を経て起業した。特に把握が難しいサプライチェーン(供給網)のCO2排出の可視化につながる。

開発したシステムは企業が資材や電気の使用量、廃棄物の処理量などを入力していくことで、国際基準に基づいて自動的に排...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り746文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン