/

この記事は会員限定です

責任あるAIの普及目指す アクセンチュア保科学世氏

テクノロジストの時代

[有料会員限定]

人工知能(AI)の爆発的な普及は差別判断などの予想外の問題も引き起こしている。企業のAI導入を支援するコンサルティング事業に強みを持つアクセンチュアの保科学世AIセンター長は「責任あるAIを築ける企業がその業界をリードしていく」と説く。

小学生の頃からパソコンを触り始め、中学生ではプログラミングに没頭した。「自分の指示した通りに動き、時には意図も超えて動くところに、ロマンを感じていた」。大学院時代...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り721文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン