/

USENHD、業績予想を上方修正 コスト削減が寄与

USEN-NEXT HOLDINGSは8日、2021年8月期の連結純利益が前期比53%増の75億円になる見通しだと発表した。従来予想から25億円上方修正した。コスト削減で粗利益率の改善がすすんでいることや、映像などコンテンツ配信事業でのユーザー数拡大が寄与する。

売上高は前期比6%増の2040億円と、従来予想から20億円引き上げた。オフィスのICT(情報通信技術)環境構築の提案を含む通信事業が堅調に推移し、業務用システムの不振を補う。営業利益は42%増の155億円と45億円上方修正した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン