/

この記事は会員限定です

半導体の国際分業、米中対立で見直し TSMC誘致

[有料会員限定]

日本が台湾積体電路製造(TSMC)を誘致すれば、開発競争を断念してきた高度な半導体の製造拠点を国内に確保できる。半導体は「設計と生産」の分業が進み、TSMCを筆頭に先端半導体は東アジアに生産が集中していた。米中対立など地政学リスクが高まるなか、自前の先端半導体の生産拠点を確保しようと各国はしのぎを削る。

日本への誘致が検討されているのは「演算用(ロジック)半導体」の工場だ。パソコンのCPU(中央演...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1304文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン