/

ドローブ、AIで3カ月後に売れる服を予想 余剰生産防ぐ

個人の嗜好に合わせた服を提案して販売するDROBE(ドローブ、東京・渋谷)は人工知能(AI)を使い、3カ月間の売れ行きを予測する。1つの商品で1万以上の色やデザインのパターンを用意し、AIが過去のデータから評価したり、購入率を予想したりする。5月以降に独自商品を販売し、余剰生産を防ぎ、アパレル業界で廃棄問題の解決にもつなげる。

今回のAIを活用し、オリジナル商品、アパレルブランドとの共同商品を企画する。2021年から実験的に生産した商品は、全体の8~9割が定価で購入された。一般的にファッションビルや百貨店で展開するブランドで、定価での購入率は全体の5割前後、セールなどを含めても7~8割とされる。

ドローブは消費者の個々の体形や嗜好、予算に合ったファッション商品を提案し、ネットで販売している。会員数は約10万人で、個々のデータをもとにAIがお薦め商品を判定する。AIの判定を参考にスタイリストがユーザーに発送する商品を決める。サービスの過程で、ユーザーが好む服の予測やスタイリストが実際にどの商品を選んだかといったデータがAIに蓄積されている。

企画段階では一つの商品について、色やデザインの異なる1万以上のパターンを用意する。AIがそれぞれのパターンにスコアを付け、相対的に高い点数のパターンで実際にサンプルをつくり、デザイナーが着心地などの部分を調整する。

販売数や出荷数を予測するAIも開発した。同社のスタイリングサービスは商品を定期で発送し、合計で100万回以上の発送データがある。過去のデータを分析することで、これから発売する商品がどのくらいの数の会員に購入されるかが予測できるという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン