/

スポーツを揺るがす遺伝子ドーピング サイエンス動画

Science View

医学と遺伝子工学の急速な進歩によって、人類は人体をつくりかえる術(すべ)を手に入れつつある。生命の設計図である遺伝子に細工を加えれば、生まれながらにしてもつ体ですら再び生まれ変わる。2020年には遺伝子を自在に改変する「ゲノム編集」技術がノーベル化学賞の受賞対象になった。遺伝子操作は社会の様々な場面に影響をもたらす。その一つがスポーツだ。国家による極端な勝利至上主義や最高のパフォーマンスを望むアスリートらの焦りは、遺伝子を悪用して運動能力を高める「遺伝子ドーピング」への誘惑を生む。本来の遺伝子を操作した体は「本人」なのか「他人」なのか。単にスポーツの問題というだけでなく、「ヒトとは何か」という根源的な問いを投げかける。東京五輪でドーピング違反の摘発に力を入れた国際検査機関(ITA)は遺伝子ドーピングにも目を光らせる。22年の北京冬季五輪では「遺伝子の不正」を暴くドーピング検査が本格導入される見通しだ。

この連載では、身近なサイエンスの話題を動画でわかりやすく伝えていきます。科学における「そもそもどういうこと?」を哲学的視点も交えながら、最新の研究成果を踏まえて紹介していきます。

(サイエンスエディター 加藤宏志、淡嶋健人、グラフィックス 藤沢愛、映像 大須賀亮)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン