/

この記事は会員限定です

家電データで認知症を察知 東電PGなど新モデル

[有料会員限定]

送配電事業者の東京電力パワーグリッド(PG)と国立循環器病研究センター(大阪府吹田市)は8日、家電の使用データをもとに、本人の認知機能が低下している兆候を読み取るモデルを世界で初めて作成したと発表した。認知症の早期発見や対処につながる手法として注目されそうだ。

認知症を発症すると、料理など日常生活に影響が出るうえ根治は難しいとされる。東電PGなどの研究結果によると、認知機能が低下した人は正常な人と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り350文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン