/

JR東、車内販売で酒類の取り扱い再開 9カ月ぶり

JR東日本は8日、新幹線や在来線特急列車、普通列車グリーン車の車内販売で酒類の取り扱いを11日から再開すると発表した。緊急事態宣言の解除と新型コロナウイルスの感染状況の改善を受けて判断した。車内販売は7月から再開していたが、酒類の販売を実施するのはおよそ9カ月ぶり。

東京と静岡・伊豆をつなぐ特急列車「サフィール踊り子」のカフェテリアや車内販売での酒類の提供は引き続き見合わせる。新幹線などの車内販売では今夏からマスクと除菌用ウエットティッシュの取り扱いを開始したことも併せて発表した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン