/

この記事は会員限定です

GAFAの税負担、なぜ軽い? ビジュアル解説

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

企業のビジネスモデルの違いによって、法人税の負担に格差が生まれている。世界の計5万7000社を対象に日本経済新聞が分析したところ、GAFAと呼ばれる米IT(情報技術)4社の税負担率は平均約15%で、主要な製造業の半分程度の水準にとどまった。現行の法人税は、データなどの無形資産にうまく課税できていない。グローバル課税のルールを見直して税負担のゆがみを解消することは、デジタル経済を成長させるための世界...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2524文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン