/

海運3社、共同出資のコンテナ船会社から配当

日本郵船など海運大手3社は8日、持ち分法適用のコンテナ船事業会社、オーシャン・ネットワーク・エクスプレス(ONE)から15日に配当金を受け取ると発表した。2017年設立のONEは21年3月に初めて配当金を支払い、今回は5回目。日本郵船が約1243億円、商船三井川崎汽船がそれぞれ約1015億円を受け取る。

ONEには日本郵船が38%、商船三井と川崎汽船がそれぞれ31%出資している。世界的にコンテナ船運賃が高止まりしており、22年3月期のONEの税引き後利益は前の期比4.8倍の約2兆円にのぼった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン