/

この記事は会員限定です

安川電機、3~5月純利益3%増 工場自動化需要なお強く

[有料会員限定]

安川電機が8日に発表した2022年3~5月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比3%増の103億円だった。中国の都市封鎖(ロックダウン)で現地での生産が落ち込んだものの、欧米などで出荷が好調で補った。工場の自動化需要で業績の先行指標となる四半期受注は過去最高となった。中国を中心に受注残が積み上がるなか、今後は部品不足への対応が課題となる。

売上高に相当する売上収益は1%増の1203億...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り764文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン