/

この記事は会員限定です

独BMW、FCVを25年にも量産へ トヨタと共同開発

[有料会員限定]

独BMWは環境車分野などで提携するトヨタ自動車と共同開発した燃料電池車(FCV)の量産を2025年にも始める。電気自動車(EV)では30年に新車販売に占める比率を5割まで引き上げる計画を掲げているが、1~2年前倒しで達成する見通しだ。欧州市場で環境規制の厳格化が進むなか、EVだけでなくFCVも選択肢に加え、車種の特徴に合わせた環境車戦略を推し進める。

BMWのピーター・ノータ上級副社長が日本経済...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2017文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン