/

この記事は会員限定です

税務訴訟で日本ガイシに軍配 無形資産巡る課税に一石

[有料会員限定]

名古屋国税局が日本ガイシに対し、無形資産をもとにした海外での利益に関連し約62億円の追徴課税をした問題で、東京高裁が課税処分のほぼ全額を取り消す判決を出した。本社の研究開発の貢献度を重視し、海外利益の多くを日本での課税対象とする国税側の主張が退けられた。専門家は「現地での設備投資など事業全体を踏まえた税務処理が求められる傾向が強まる可能性がある」とみている。

問題になったのは、日本ガイシ本社(名...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り941文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン