/

能美防災の4~6月、3億1800万円の最終赤字

能美防災が8日に発表した2022年4~6月期の連結決算は、最終損益が3億1800万円の赤字(前年同期は10億円の黒字)だった。最終赤字は12年4~6月期以来。プラントやトンネルなど大型物件向けの消火設備の販売が減ったほか、残業規制への対応や、研究や施工などを強化するため人材採用を進めて人件費もかさんだ。

売上高は14%減の203億円で、営業損益は5億4900万円の赤字(前年同期は15億円の黒字)だった。詳細は明らかにしないが、前年同期にあった火災報知設備事業で採算性の高い単発の案件がなくなったことで販売が落ちこんだ。23年3月期の通期見通しは据え置いた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン