/

この記事は会員限定です

ソフトバンクG孫氏、アーム売却「承認得られない」

10~12月決算

(更新) [有料会員限定]

ソフトバンクグループ(SBG)が8日発表した2021年10~12月期の連結決算(国際会計基準)は純利益が290億円だった。前年同期の1兆1719億円から98%減になった。傘下のビジョン・ファンド(SVF)による中国の投資先などの株価が下落し、投資収益が低調だった。

SBGは同日、傘下の英半導体設計子会社アームを米半導体大手エヌビディアに売却する計画を断念したと発表した。20年9月にエヌビディアと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4295文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン