/

この記事は会員限定です

米牛肉先物の騰勢一服 輸出停滞、消費減速で荷余り観測

[有料会員限定]

米国産牛肉の先物価格は騰勢が一服している。ロシアのウクライナ侵攻で欧州方面を中心に海上物流が混乱し、米国からの輸出が滞っている。原油急騰で米国でガソリン代など生活必需品が大幅に値上がりし、食肉消費が鈍りつつあることも一因だ。米国内での現物価格が下落し、日本の牛肉輸入価格も軟調になる可能性がある。

米シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)の生牛先物(期近)は28日、1ポンド140.3セント。2月下...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り984文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン