/

この記事は会員限定です

NTT東日本、電柱点検時の画像データ 自治体などに提供

[有料会員限定]

NTT東日本は、電信柱の点検の際に取得した道路、街路灯などの画像データを外部に提供する事業を2022年度内に始める。管轄する17都道県で約560万本の電信柱を保有しており、通信の保守のため定期点検している。点検時の関連データを自治体や電力会社に提供し、道路の亀裂や街路灯の故障の発見につなげる。

新規事業として立ち上げる。自治体や電力会社のインフラ保守の負担を軽減できる取り組みとして、需要を見込む...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り340文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン