/

この記事は会員限定です

地熱発電を注水で出力維持 産総研、熱水の流れ把握

[有料会員限定]

政府が掲げた「2050年に温暖化ガス排出実質ゼロ」の目標達成に向け、地熱発電の利用を促す技術開発が進む。産業技術総合研究所は地熱発電で利用する地下の熱水の流れを把握する手法を開発した。発電所の出力維持に役立つ。日本は地熱の資源量で世界3位を誇る半面、利用は遅れている。さまざまな技術を活用していくことが重要だ。

地熱発電所は地下の蒸気を取り出し、タービンを回して発電する。ただ長年蒸気を取り出すと地下...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り928文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン