/

この記事は会員限定です

干ばつ時の環境再現、品種改良に利用 農研機構

[有料会員限定]

農業・食品産業技術総合研究機構などは干ばつ時の作物の生育環境を再現できるシステムを開発した。鉢植え型の機器に入れた土の水分を自在に調節でき、さまざまな気候での植物の栽培環境を再現できる。気候変動に合わせた品種改良などに役立つ。数年後の商用化を目指す。

中長期的な気候変動への対策として、降水量が少なくても育つ穀物の開発が不可欠となっている。ただ屋外で試験栽培しても、雨が降ると干ばつを想定した栽培環境...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り271文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン