/

この記事は会員限定です

紙・板紙国内出荷0.2%増 1~6月、人出回復で需要戻る

[有料会員限定]

紙・板紙の1~6月の国内出荷量が前年同期をわずかに上回った。2022年の内需は前年比で減少が見込まれていた。新型コロナウイルスの流行に伴う行動制限が緩和され、食品輸送に使う段ボール箱向けの板紙や業務用のトイレ紙の需要が増えた。

下半期は需要が下振れする可能性がある。インフレ抑制を目指す米欧の中央銀行による金融引き締めで、世界で景気が減速する懸念が出ている。原燃料費の上昇を理由にしたメーカー各社の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1129文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン