/

この記事は会員限定です

半導体製造装置、不足続く 在庫回転率11年ぶり高水準

[有料会員限定]

半導体需要の拡大を受けて、製造装置の在庫不足が続いている。販売増に部品不足が重なり、世界大手9社の2021年7~9月期の在庫回転率は5回強と11年ぶりの高水準となった。顧客の半導体メーカーが大規模な増産計画を打ち出すなか、製造装置の作り込みが遅れれば、世界的な半導体不足の解消に影響がでる可能性もある。

売上高と棚卸し資産残高から求める在庫回転率は、部品を仕入れてから組み立て、販売するまで何回入れ替...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1299文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン