/

ITコーディネータ協会、「中小企業版DX銘柄」を初表彰

日経クロステック

ITコーディネータ協会(ITCA)は5日、主催する年次イベント「ITC Conference 2021」において、優れたパートナーシップにより日本の中小企業の範となるデジタルトランスフォーメーション(DX)推進態勢を構築した経営者とITコーディネータの15事例を表彰した。同協会が企業のDXの取り組みを表彰するのは初めて。

最優秀賞(経済産業省商務情報政策局長賞)は熊本市に本社を置く運送、機械機器設置業のヒサノが受賞した。同社の久保誠社長は「DXを通して『働くことを幸せにつなげる』物流会社としてユニークな存在であり続けたい」と話した。

ヒサノと優秀賞(情報処理推進機構理事長賞)に選出されたセイブ管工土木(熊本県合志市)は、2021年11月1日に経済産業省により情報処理の促進に関する法律第31条に基づく「DX認定制度」の認定を受けた。

(日経クロステック/日経コンピュータ 西原愛)

[日経クロステック 2021年11月5日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン